患者を診ている医者と考える男性とウィルス
薬を飲もうとしている男性

性病には様々な種類がありますが、日本人に多い性病のひとつが性器ヘルペスです。性器ヘルペスは、性行為などによって単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染することで発症する感染症ですが、現在は有効な治療薬が存在します。

性器ヘルペスに有効とされる治療薬にはいくつかありますが、その中のひとつがゾビラックスです。ゾビラックスは、世界で初めて幅広い患者に対して使用できる治療薬として開発された内服薬で、アシクロビルを有効成分としています。ゾビラックスが開発する以前も、ヘルペスウイルスに対して有効な治療薬は存在していましたが、人間の正常な細胞にも悪影響が及ぶものであったため、使用できないケースも少なくありませんでした。しかし、ゾビラックスは人間の正常な細胞に影響を与えることなく、ヘルペスウイルスのみに作用するため、幅広い患者に対して使用可能というメリットがあります。また、性器ヘルペスだけでなく、口唇ヘルペスや帯状疱疹への治療効果も認められています。

さらに、ゾビラックスを服用する最大のメリットは、早期回復することです。ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルは、ヘルペスウイルスのDNA複製を阻害する作用を有しています。ヘルペスウイルスがDNAを複製するには様々な酵素が必要となりますが、アシクロビルはその中のデオキシグアノシン三リン酸という酵素の働きを阻害します。

アシクロビルは、ヘルペスウイルスに侵された細胞内で、デオキシグアノシン三リン酸とよく似た構造のアシクロビル三リン酸へと変化するという性質がある成分です。ヘルペスウイルスは、デオキシグアノシン三リン酸とアシクロビル三リン酸の構造の違いを見分けることができません。誤ってアシクロビル三リン酸を取り込んでしまったヘルペスウイルスは、DNAの複製ができなくなります。DNAの複製ができなくなったヘルペスウイルスは、増殖できなくなるため、ヘルペスの症状が改善するという仕組みです。

なお、ヘルペスは自然治癒することもありますが、未治療のままでいると重症化してしまい、辛い症状に悩まされることになります。しかし、ゾビラックスを服用すれば、ヘルペスウイルスの増殖を抑制できるため、重症化を防いで早期回復が可能です。ただし、ゾビラックスは、あくまでウイルスの増殖を抑制する効果がある治療薬なので、ヘルペスウイルスが増殖してしまってから服用しても効果が得られにくいという特徴があります。そのため、ゾビラックスの治療効果を最大限得るには、症状が現れ始めた早期段階に服用を開始することが大切です。

記事一覧
事前に知っておけば問題が起こりづらいヘルペスになる感染経路

性病の一種である性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスに感染することで発症します。このウイルスは、非常...

2020年06月11日
早めに対応をすれば十分に改善できる場合も多いヘルペスの症状

日本に多いとされる性病のひとつである性器ヘルペスは、早期段階で治療を開始すれば重症化を防ぎ、すみやか...

2020年07月01日
ヘルペスになった時に安心して利用できるジェネリック治療薬

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。比較的軽症であれば、軟膏やクリーム...

2020年05月26日
治療でゾビラックスを使う時に気をつけたい薬の副作用の問題

口唇・性器ヘルペスや帯状疱疹の治療薬であるゾビラックスは、比較的副作用が少ないため安全に服用できます...

2020年05月06日
特別な性病治療を行いたい時に便利なゾビラックスの利用方法

ゾビラックスは、日本国内で患者数が多い性病である性器ヘルペスに有効な治療薬です。日本国内においては1...

2020年04月26日