• ホーム
  • ヘルペスになった時に安心して利用できるジェネリック治療薬

ヘルペスになった時に安心して利用できるジェネリック治療薬

2020年05月26日
錠剤と薬のケース

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。比較的軽症であれば、軟膏やクリームなどの外用薬での治療も可能ですが、内服薬による治療が行われるケースも多いです。

現在、日本で使用されている内服タイプのヘルペス治療薬には、ゾビラックスやバルトレックス、ファムビルがあります。これらは、単純ヘルペスウイルスのDNA複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑制することが可能です。また、ゾビラックスやバルトレックス、ファムビルには、それぞれジェネリック医薬品も存在します。

ジェネリック医薬品とは、特許切れした先発薬の有効成分をもとに開発された治療薬で、開発コストがかからないため安い価格で購入できるというメリットがあります。したがって、ヘルペスを発症した場合、ジェネリック医薬品で治療を行えば治療費を抑えることが可能です。しかし、日本には、ジェネリック医薬品を服用することに抵抗がある人や、先発薬よりも治療効果が劣るのではないかと懸念する人が少なくありません。実際に、日本は海外と比べるとジェネリック医薬品の普及率が低いというデータも存在しており、ジェネリック医薬品に対する正しい理解が普及していないことが分かります。

ジェネリック医薬品の有効成分は先発薬のものと同じなので、その治療効果は変わりませんし、副作用などの安全面に関しても同等です。添加物に関しては製薬会社によって異なることがありますが、添加物が異なるからと言って治療効果に影響が及ぶこともありません。そもそも、ジェネリック医薬品は、先発薬と同じように厳しい検査を受けて治療効果や安全性が認められなければ製造販売できないため、その治療効果は先発薬と変わりませんし、安全性も十分に確保されているため、安心して服用可能です。

しかし、先発薬から後発医薬品へと切り替えた際に、効果が出なかったり、副作用が現れたりすることがあるとされています。これは、プラセボ効果のような心理的な要素が大きく関与していると考えられています。プラセボ効果とは、偽薬と呼ばれる治療効果がない薬を服用することで、症状が改善するというものです。思い込みや不安などの心理的な要素は、医薬品の治療効果や副作用に大きな影響を与えるため、安い価格で販売されているから効果が得られないのではないかと考えたり、副作用が強いのではないかという不安を感じていたりすると、期待される治療効果が得られなかったり、副作用が強く現れたりする恐れがあります。そのため、ジェネリック医薬品は治療効果が劣ることなく、安全性も高い医薬品であるという正しい知識を身に着けておくことが大切です。

関連記事
事前に知っておけば問題が起こりづらいヘルペスになる感染経路

性病の一種である性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスに感染することで発症します。このウイルスは、非常に感染力が強いという特徴があるため、条件が整うと簡単に感染してしまいます。そのため、予防対策を徹底する必要がありますが、感染症の予防をするには、まずはその感染経路を知ることが大切です。性器ヘルペスの主...

2020年06月11日
早めに対応をすれば十分に改善できる場合も多いヘルペスの症状

日本に多いとされる性病のひとつである性器ヘルペスは、早期段階で治療を開始すれば重症化を防ぎ、すみやかに症状を改善することが可能です。しかし、その症状を知っておかなければ、早期段階での対処は非常に難しいと言えます。そのため、事前に性器ヘルペスの症状について確認しておきましょう。性器ヘルペスは、単純ヘル...

2020年07月01日
治療でゾビラックスを使う時に気をつけたい薬の副作用の問題

口唇・性器ヘルペスや帯状疱疹の治療薬であるゾビラックスは、比較的副作用が少ないため安全に服用できます。しかし、副作用のリスクはゼロではありません。また、場合によっては副作用のリスクが高まることがあるため、服用前に副作用についての正しい知識を身に着けておくことが大切です。ゾビラックスの副作用として比較...

2020年05月06日
特別な性病治療を行いたい時に便利なゾビラックスの利用方法

ゾビラックスは、日本国内で患者数が多い性病である性器ヘルペスに有効な治療薬です。日本国内においては1988年に認可されて以降、現在でも使用され続けており、豊富な治療実績があります。ゾビラックスは、認可された1988年から6年間にわたる使用成績調査が行われており、有効性の高さが証明されています。198...

2020年04月26日